採用に関するお問合せ

06-6474-1851

採用担当 総務部まで 大阪日野自動車採用問い合わせ宛先

先輩社員インタビュー

tsujimurakohei_interview

大阪日野自動車に入社するときに不安に思ったことは何ですか?

 

体力・腕力がないのでトラックの部品など大きくて重たいものを持てるか、心配でした。しかし、先輩から、力を入れずに重たいものを持つ方法や作業のコツを教えていただいたので大丈夫でした。また、重たいものを持ち上げる道具などもあります。アドバイスを聞いて気をつけていれば、怪我をすることもほとんどないと思いました。

 

 

tsujimurakohei_work2

整備職はお客様と接する機会がありますか?

 

日野の車を複数台持っていらっしゃるお客様の3ヶ月点検などに伺うことがあります。
また、出張修理など路上故障で立ち往生している車の整備を任されることもあります。立ち往生している車の整備を終えたときに、お客様から掛けていただく『ありがとう!』の言葉と整備した車が元気に走っていく姿を見ると嬉しくなり、やりがいを感じます。また、そのような路上故障の整備を終えたときに、周りに集まっていた方々から拍手を貰ったこともあります。

 

tsujimurakohei_work1

入社してびっくりしたことはありますか?

 

普段は見ることのないような、日本に数台しかない消防車が点検のために工場に入ってきたときです。働くトラックが好きなので、そういった普段間近で見ることのできない車を見ることができたときは、とても得をした気分になります。また、そのような車を点検修理することができるので、大阪日野自動車に入社してよかったと思います。

 

 

tsujimura_senior_boss

上司から一言

 

中央支店整備部 部長 勝永 広信
辻村君は入社6年目ということもあり、とても頼りになる存在になっています。整備の上級資格を目指していただき、将来の中央支店を背負って立ってほしいと思っています。また、安全委員をしているので安全重視を社内に率先して展開してもらい、事故のない支店を目指してほしいです。

asadajunpei_interview

職場の雰囲気について教えてください。

 

寝屋川支店は基本的には先輩・後輩分け隔てなく和気あいあいとした職場です。入社する前は上下関係がすごく厳しいのではないかと思っていましたが、仕事中は厳しい先輩も、休憩時間などは皆でわいわいと話したり楽しく過ごしています。休みの日には皆でツーリングに行ったりしています。

 

 

asadajunpei_work

入社してから今までで一番嬉しかったことは何ですか?

 

難易度が高い車の故障箇所を初めて自分で見つけられたときと、大きな仕事を任されたときです。大切な部品の交換作業があり、ある程度以上の知識を持った人でなければできない仕事でした。それを任されたときに“先輩に認められた”“期待されている”と思いました。できるかどうか不安もありましたが、作業が終了したときはすごく達成感がありました。

 

osakahino_neyagawa

整備時に注意していることはありますか?

 

確認作業です。安全確認はもちろんですが、整備時にボルトの締め付けが足りないだけでも事故の原因になる恐れがあります。自分が大きな怪我をしないこと、周りの人に怪我をさせないことがあらゆる作業の前提になりますが、お客様からお預かりした大切な車両を完全な状態でお返しするため、整備時に工程の漏れがないか必ず確認するようにしています。

 

asadajunpei

将来どのような人材になりたいですか?

 

先輩社員のように現場のことは何でもできるように、後輩に何でも教えられるようになりたいです。また、日野自動車でパリダカに出場していることを知っていたので、自分もいずれは整備スタッフとして出場したいと思っています。そのためには整備の知識をもっと高める必要があるので、日々勉強だと思って仕事に取り組んでいます。

 

asadajunpei_boss

上司から一言

 

寝屋川支店整備部 部長 吉村邦彦
寝屋川支店は仕事とそれ以外とにメリハリがはっきりしていて、仕事中は怪我をしないように先輩が厳しく指導することもありますが、休憩中や休日には先輩後輩分け隔てなく遊んでいます。浅田君は先輩社員にいち早く溶け込み、いい関係を作っていると思います。技術の習得も早く、異例の早さで重要な作業を任されて、周囲からも成長していると認められています。これからもさらに成長して、自分が育ててもらったように後輩に技術を伝えていって欲しいと思います。